]

KAMIKAZE COLLECTION - WEB STORE

2024.2CALENDAR

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29
TODAY
大坂オートメッセ出展に伴う臨時休業
天皇誕生日

2024.3CALENDAR

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
OVER COAT SEALANT 5.0
OVER COAT SEALANT 5.0

艶 ★★★★★
光沢 ★★★★☆︎
撥水性 ★★★★☆︎
滑り性 ★★★★★
施工性 ★★★☆☆︎
耐久性 ★★★★☆

市場を席捲させたSEALANTの完全進化版

カーボンナノチューブは単に導電性機能性皮膜を付与するだけではなく、
塗装表面との密着性、クロスリンク性向上のために施工性が大幅に向上しました。
前作を「改善」として新たなにリリースされます。

容器は一般的なボトル容器からガラスボトルに変更しました。
これによる冬季の施工性を気にせずに施工できます。
そしてLUXURIOUSなボトルは所有間を満たしてくれるでしょう。


1.カーボンナノチューブ配合
次世代ナノマテリアルにおいて日本人科学者が発明した「カーボンナノチューブ」は半導体はじめ様々な分野で開発が進められているナノマテリアルです。
弊社では1年前よりカーボンナノチューブを配合した機能性皮膜の開発を進めており、
良質かつ均一、そして分散性に優れたマテリアルの発見と現製品との分散が可能なカーボンナノチューブを発見しました。
弊社ではそれに合わせて界面活性剤の根本的な変更と各種添加剤の増減を繰り返し、カーボンナノチューブ製品として十分な機能が確認できました。


2.犠牲皮膜としての新たな到達点
カーボンナノチューブの機能の一つとして導電性を有し、これは帯電防止機能を前提とした界面活性剤、各種添加剤を加えた本液とのマッチングは抜群な物でありました。
圧倒的な洗車回数の軽減はその多くを語るまでもなく「機能性」皮膜として機能します。
そしてこれまで以上の超撥水性でありながら水染みの固着がしない「矛盾」ともいえる「犠牲皮膜」としての性能が、今回は「何らかの作用」によって明らかな差を生み出しました。
どちらかと言えば「カーボンナノチューブ」を作用させる為の開発でありながらも、いわば偶然の産物にて「最高傑作品」ができてしまいました。
今回の製品を4.2ではなく5.0としたのフルモデルチェンジに該当するほどの、
明らかなパフォーマンスの差を感じて頂けると確信しております。


3.守るだけではない、走りの世界へ
帯電防止添加剤+カーボンナノチューブはコーティングとしての側面と
ドライビングパフォーマンスの向上を感じられる日本製唯一の技術であります。
自動車の走行時に生じる風、いわゆるエアロダイナミクスは塗装表面やガラス、タイヤ、無塗装樹脂において静電気の発生によって、多くの抵抗を生んでおります。
この静電気による空気抵抗を減らし、水分中にネガティブイオンを発生させる「ION GENERATOR EVO 2.0」を併用する事によって、相乗効果効果を発揮します。
静電気を放出し、空力特性の向上はあらゆる面でドライバリティの向上を可能とします。
最も感じるのはアクセルオフ時の空走感、コーナーリング時の安定感、直進安定性。
そして、静電気発生による乱流を抑える為、静粛性が向上します。
レースの分野においては今やスタンダードになりつつある整流補正。
これらの機能性表面皮膜の技術は「メイドインジャパン」発祥であり、高い次元の質感で製品化した製品がOVER COATとなります。
※走行性能体感には個人差あります。



抜群の施工性。そしてワックス以上のオイリー感。
昨今のカーケミカルの流行から施工性は簡単でありながら、
ワックスを施工したかのような重厚な艶感を加えました。
これまでのOVER COATの光沢に近い質感とは異なる、
ぶ厚い艶の被膜をお楽しみください。
もちろん、施工はこれまでにない簡単なものになります。


犠牲皮膜として抜群の耐久性
OVER COATの実験期間は日本の春の黄砂、花粉に加えて
北海道、北陸地方やノルウェーにてテストを繰り返してきました。
撥水基に関してはダメージは感じられるものの、オリジナルクリア塗装に関しては
WATER SPOT REMOVERさえ必要としない「ほぼ染みが付着しない」塗装面を維持できています。
これは厚膜による塗装を犠牲皮膜として守るOVER COATの歴代のセオリーの沿ったものです。
我々のセオリーとして無意味な持続性能を6カ月や12カ月の耐久性を記載する事は致しません。
しかし、数カ月間の間は犠牲皮膜として塗装面を守れる最良の被膜である事は実験で明らかになりました。


開発背景
皮膜としてイメージしたのは現代のカーラックまたはペルマガードのシーラントとしての性能を、
さらに簡単かつさらに強い撥水性を持たせられるように努力しました。
現代の市場にあったペイントシーラントを創り出したいと考え、実は2年以上前から開発はスタートしておりました。
パラフィンペーストやイソパラフィンソルベントの炭化水素がISM COATに含まれているハイドロカーボンに近い成分であり、
この製品の艶感を最初に見たとき、ISM COATに代表される違和感を感じるような厚膜の艶感を感じる事ができました。
そこから施工性をよくする為に石油系溶剤を入れないために植物系ワックスやシリコーンオイルにて施工しやすい揮発温度を調整、ちょうどワンパネル~ツーパネル程塗布が終わる頃には皮膜を形成できるように調整致しました。
開発途中に発売されたThe d'Elegance Waxの開発がうまくいったことから、このシーラントの開発も同時に進行していきました。
他社さんであればワックスだと謳えると思いますが、当方としたOVER COATに含まれている核となる部分であるシリコーンレジンを限界量まで含んでいる点から「犠牲皮膜としてのペイントシーラント」として世に出したいと考えております。
ワックスをお使いの方もお楽しみになれると思います。
 

 
内容量:120g(1台当たり15g-20g使用)
主成分:パラフィンペースト、イソパラフィンソルベント、植物系ワックス、シリコーンオイル、特殊シリコーンレジン、陰イオン系界面活性剤、防腐剤、シリカ水
製造:日本

ANTI-AGING

OVER COAT SEALANT 5.0

12,800(税込)

0ポイント獲得!

販売開始:2023年01月13日12:00

数量
システム商品コード
000000000368
送料
650円~

最近チェックした商品