]

KAMIKAZE COLLECTION - WEB STORE

2024.2CALENDAR

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29
TODAY
大坂オートメッセ出展に伴う臨時休業
天皇誕生日

2024.3CALENDAR

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
THE d'ELEGANCE FINISHING


ワックスランク上の水研ぎ仕上げへ

CEOが20歳の時でした。
靴磨きを熱中したCEOはあらゆるプロの技術を目にやきつけようと、
いくつかの著名な靴磨き職人に依頼をかけました。
そこで共通したのは最終工程は水を使用したフィニッシュでした。

私はそこから自身の研磨やコーティングの拭き上げに
水、または硬水や軟水またはスラリー研磨剤が入った研磨水
ラドン石やトルマリン石などが入った水を用いた研磨を独自で研究を行ってきました。
たかが水、されど水。
このわずかな差こそが、最終工程のクォリティを左右するべくとして
研究をしていたのが青年期の記憶です。

弊社で過去にリリースしたものでいうとKMKZ ION WATERまたは
KAMIKAZE COLLECTION 研磨水晶水など。。。

水こそが最終仕上げを左右するといっても過言ではありませんでした。


ワックス仕上げの為の「お水」
今から15年前はポリマーワックスやセラミックワックスがまだない時代。
多くのワックスはハードがほとんどな時代。マイクロファイバーもそこまで高性能ではなく、カルナバ量が多くなればなるほど重い拭き上げでした。
そこで用いたのはトルマリン鉱石を漬けた水にて少し湿らせたマイクロファイバーで拭き上げていくこと。
そうすると本来の拭き上げよりもスーっと綺麗に残留成分がまとまり、
余剰成分によるムラ、揮発成分によるホログラムなどを一掃できました。

本製品のアイデアはCEOが施工業務でワックス製品を扱っていた
15年以上前のアイデアをもとにした「秘密のフィニッシング」を製品化したものです。


ワックスとお水の関係
ワックスとお水が仲が悪いようで実は仲良し。
適切なマイクロファイバーを用いれば拭き上げな困難なハードワックスでも
楽に拭き上げることができます。
今回の新作である二代目「風神」「雷神」においても、
その特徴を伸ばしたあまりに施工性を犠牲にした背景を考慮しつつ、
より最新マテリアルでソリューションプロダクトを創れないものかを考えました。
クイックディテイラーですと質感が変わってしまう。
トルマリン水またはアルカリ水は強すぎてワックスに影響を与えてしまう。
そこで考え付いたアイデアです。

当製品は保護能力も撥水性等は有していません。
最終仕上げに伴うナノマテリアルを分散した「水」となります。

ボロンナイトライドによる脅威の力
まず雷神に含まれているボロンナイトライドを分散させたもので
ワックスの余剰成分を拭き上げました。
どうでしょう、ワックスを拭き上げが本当に軽くサクとリムーバルできます。
感覚で言うとハードワックスが一般的なワックスの難易度に感じられます。
またそこから生まれるホログラムも最小限に抑えられているものだと感じました。
また意図的に作ったムラに関しても、まるでガラスクリーナーで拭くかのように
仕上げることができました。

そして、そこから水研ぎにてさらに磨きこんでいく、拭いていく。
どんどん光沢が上がっていく様を目の当たりにしました。

拭き上げだけでなく、塗りこみこそ
雷神の塗布においてハードワックスならではの
アプリケーターが動きにくい、伸びにくい現象が起きます。
塗装への施工傷緩和を目的として水を打ちながら施工するケースがありますが、
そういったハードワックス塗布、また湿式ウェット施工においても、
ボロンナイトライドはファンデルワールス力を用いて、
抵抗を感じさせない施工を可能としています。
あらゆる意味でワックスとボロンナイトライドの相性の良さを感じました。

濃いめ、多めのボロンナイトライド
今回の制作にあたって分散のご教授とマテリアルの配給はナノトラクション鈴木様からの製品となります。
鈴木様より提示された希釈率の約倍の量でテストした結果、
ワックス施工においてはこれぐらいが適切ではないかと私自身は考えております。
施工において濃いめに感じられた方はマイクロファイバーの選定の見直し、
または純水にて希釈をお願い致します。
本来ならば2倍以上の希釈で十分に効果を発揮します。

シリカ溶出セラミック鉱石でシリカ水を常に生成
弊社製品のION GENERATER EVo 2.0よりも天然鉱石の為マイルドなものの、
一般的に鉱石に含まれるシリカは、結晶の結合力が高いため水中へ溶出しません。
 結晶性質の異なるシリカ成分を配合することにより、徐々にシリカ(ケイ素)成分が水中に溶出します。

通常の水と何が違うのか?それは光沢の出方です。

シリカ水は揮発させると結晶状の粒が表面上に残り
塗装表面においては微細な塗装表面の凹凸に入り込み、
「何か塗った?何かやった?」かのような質感を出すことができます。
弊社製品の水系エマルジョン製品のほとんどがこの処方によって
イオン化またはシリカ水を用いて生産されていますが、
最終仕上げの当製品至っては天然鉱石そのままをボトル内に入れております。

※鉱石からケイ素が溶出する際にボトル内側に無数の気泡が付着しますが、
水素を発生しています。品質には問題ありません。


ボロンナイトライド+シリカ水の仕上がりとは
前述のとおり「ワックスの仕上げは水研ぎ」だといいましたが、
これはCEOが求めていたスペックを十分に出している製品と言えます。

もちろん、日本製の最先端マテリアルであるボロンナイトライドを使用する事は、
まず強力な絶縁体が除電効果がファンデルワールス力によって非常に強く作用し、
これによって天然ワックス系の弱点とされた帯電性が大きく改善できます。
また除電によってエアロダイナミクスが改善となり走行性能の向上となります。

二代目「風神」「雷神」のリリースに伴って販売を急遽スタートするに至っては、
施工難易度が高いワックスの施工補助として活用して頂きたい意味合いと、
CEOが追い求めてきた水研ぎの仕上がりを是非ともワックス愛好家、玄人の方に体験して頂きたく思っております。
もちろん、弊社のワックス以外にもお使いください。


繰り返しますが「水」です。
撥水性能も保護性能もありません。

神風コレクションとしてこの製品をリリースできるだけの
スペックはスプレーして拭いた時にすぐに感じることができるものだと思います。
この絶妙な匙加減、塩梅こそがCEOのプライベートレーベルである
THE d'ELEGANCEシリーズができることです。

世界観に合わせたフランス製のリキッドフレグランスを加えてはおりますがごく少量です。


【内容成分】
シリカ水、ボロンナイトライド、香料

原産国:日本 
内容量:300ml

KIKUSUI LABEL

THE d'ELEGANCE FINISHING

4,500(税込)

0ポイント獲得!

販売開始:2024年02月10日12:00

数量
システム商品コード
000000000440
送料
650円~

最近チェックした商品