現在表示できません

KMKZ WINDOW COAT

6,980

  • KMKZ WINDOW COAT

可能な限りの高分子シリコーンを高濃度に。
これまでにない高濃度の高分子シリコーンを贅沢に使用しました。
IPAなどの希釈溶剤を極力使用せずに厚膜皮膜を形成します。
さらに導電性を持たせる為にカーボンナノチューブを添加。
これによりこれまでにない表面抵抗値の軽減が期待できます。

 
まさに神風の撥水
当製品の表面皮膜は特殊フッ素が表層に均一に並ぶように開発されております。
この場合、ハイブリットと言う言葉を使うべきではありますが、
濃厚な高分子シリコーンの厚膜による皮膜の上では我々の想像以上の撥水性を有しております。
一般的な撥水角度試験機にて計測可能な110度を簡単に超えてしまうほどの撥水性は、
「蛇行」をほとんどせずに「真っすぐ」「ストレート」にガラス表面を転げ落ちていき、
その一つ一つの撥水が非常に小さいのが特徴です。


 
1年以上の耐久性。そして重ね塗り可能。
ラボデータによる撥水テストは2年ほどサンシャインウェザーにて計測できましたが、
実際の使用環境においてはほとんどの場合は参考になりません。
サイド面に関しては1年以上の耐久性は確実に有してますが、
フロントワイパー可動部分はやはり「擦れる」事により皮膜が削られてしまいます。
その為、ダメージ部分のみへのリペア施工が可能であることが製品開発条件でした。

 
ビビりやすい車両へ是非試用ください。
今回の開発に際していくつかのモニター施工をお願いした中で、
一般的にビビりがでやすいとされる欧州車においてビビリ音でのクレーム・報告がほとんどなかった事は誤算でありました。
もちろん、劣化したワイパーや下地処理を行わないでの使用は適切な結果は出ませんが、
ビビり音に悩んでいる方に当製品を使用して頂きたく思います。
おそらく、厚膜による表面抵抗値の減少によって摩擦軽減によって生じにくいものであると思います。

 
使用方法
①塗布する窓ガラスを完璧に研磨、洗浄してください。
 推奨品:キイロビンなど
②塗布前にIPA(アルコール等)での脱脂を推奨します。
③アプリケーターに適量をつけて塗布します。
④直線方向に上から下に塗布します。たっぷりと塗ってください。
⑤5-10分ほど液剤が乾くまで待ちます。
 ※冬の施工は暖房⁺デフにてフロントガラスを温めてください。
 ※冬の施工は施工後に太陽光に当てて表面温度を温めてください。
⑥乾燥後、硬く絞ったマイクロファイバークロスで拭きます。
⑦乾いたマイクロファイバークロスで拭き取ります。
※DETAILING GLASS WIPE TOWEL推奨
施工後3時間は水をかけたりしないでください。
商品名称:KMKZウインドウコート
商品用途:ガラス用コーティング
内容成分:高分子シリコーン、フッ素、カーボンナノチューブ、特殊添加剤
容量:30ml
生産国:日本
注意事項:引用不可・人体に害があるので
絶対に飲まないでください。・子供に手が
届かない場所に保管して下さい。・炎天下
などでの作業はお控え下さい。・換気の良
い場所でご使用下さい。
火気厳禁:火気を近づけないでください。

 

数量

Recently viewed items